blog

手ぶらでお風呂へ!サニタリー収納のすすめ

家づくり全て

2021年8月20日

洗面脱衣室は手や顔を洗ったり、メイクをしたり、お風呂の前後の着替えをしたり…意外とたくさんの用途があります。

あまり人に見られない場所だからと、つい物置のようにゴチャゴチャとした空間になっていませんか?

 

キレイで使いやすい洗面室をつくる一つのアイディアが「サニタリー収納」です。

 

従来の「洗面室」は狭い!

マンションやアパートなど、一般的な洗面室のサイズは2畳前後。すると収納としては「➀洗面台の下にストック品、②鏡の横に歯ブラシや洗顔料、③洗濯機のまわりに洗剤やネットを」とごくわずかに限られます。

お風呂に入るときには、家族みんなそれぞれのお部屋のクローゼットから、パジャマや下着をわざわざ持ってくる。さすがにタオルは洗面室に置いておきたいから、小さい棚を置いてなんだかぎゅうぎゅうで狭い!…なんてご家庭も多いのではないでしょうか。

 

時短につながるサニタリー収納

そこでsuashi to kiの家づくりで標準仕様としているのが、洗面室の「サニタリー収納」です!

洗面室を広めにとり、お風呂あがりに使えるタオル・パジャマ・下着類などをまとめて収納できるような棚をつくります。

これでどうなるかというと、お風呂に入るときには手ぶらでOK!

子育て中のお父さんお母さんは「ご自身の着替えを準備して、お子さんの着替えの準備もいっしょに手伝ってあげて…」という時間が短縮できます。

 

サニタリー収納+物干しバーで家事も時短!

さらに洗面室に室内干し用の「物干しバー」があるとどうでしょうか?

ここに干したタオルや下着は、乾いたらその場でサニタリー収納にポイポイとしまえますよね。

➀入浴前に洋服を脱ぐ
②洗濯機で洗って物干しバーに干す
③乾いたらサニタリー収納にしまう
④入浴後はサニタリー収納から着替えをとって着る

このようにムダな動きがなく、最短距離で洗濯物をぐるぐる回すことができるんです。

 

小さな工夫で大きな余裕を

収納というのは本来《使う場所に、使う物を置く》というのが基本です。

 

「お風呂の前に着替えを持ってくる」という行為自体は、そんなに手間がかかるようには感じないかもしれません。

でもこういった小さな時短を積み重ねていくことで、人生に大きな余裕が生まれるのではないでしょうか。

 

どちらにせよ「パジャマや下着を収納する場所」は家のどこかに必要です。

それならば一番ムダがなく、自動的に時短できる場所に収納スペースを確保しましょう!

suashi to kiはスポーツファミリーのための家づくり専門店です。

夫婦がスポーツをしていたり、お子さんがサッカーや野球をしていたり、そんなスポーツを楽しむご家族を応援しています。

 

スポーツファミリーを支えるママは、毎日の家事も大変!

貴重な時間をムダにしないよう、家事動線や収納計画にもこだわった家づくりをご提案させていただきます。

 

モデルハウスでは実際のサニタリー収納もご覧いただけますので、ぜひお気軽にお越しください。

 

【奈良 注文住宅】

 

奈良県橿原市の高気密高断熱住宅・木の家なら田ノ上工務店

オリジナル注文住宅ブランド「suashi to ki」へ

 

【事務所兼モデルハウス】

〒634-0803 奈良県橿原市上品寺町392-3

TEL:0744-55-2358 Mail:otoiawase@kigokoro.jp

 

【営業時間】

9:00〜18:00[不定休]

モデルハウス見学はご予約制となります。

モデルハウス見学予約はこちらから>>>

【モデルハウスアクセス】

電車でお越しの方:近鉄橿原線新ノ口駅より徒歩6分

お車でお越しの方:中和幹線「葛本町西」交差点を北へ200m

[駐車場のご案内]モデルハウス内に2台完備。

 

【田ノ上工務店の施工事例】

公式サイト施工事例ページ>>>

公式instagram>>>

【田ノ上工務店施工範囲】

奈良県橿原市|香芝市|大和高田市|桜井市|大和郡山市|葛城市|

天理市|御所市|五條市|宇陀市|生駒市|奈良市|磯城郡|山辺郡|

生駒郡|北葛城郡|宇陀郡|高市郡|吉野郡

 

その他地域をご希望の場合でも、お気軽にご相談くださいませ。

recommend blog