blog

冬の住まいのこんなお悩みはありませんか?

家づくり全て

2021年12月24日

あっという間にもう年末。寒い日がつづき、おうちですごす時間も増えてきたのではないでしょうか。とくに冬は住まいに関する不満がでやすい時期。今お住まいの家で、こんなお悩みはないでしょうか?

冬の住まいの悩み①窓が結露でびっしょり!

冬の朝起きると、窓ガラスにびっしりと結露が…!毎朝ぞうきんやワイパーで窓を拭くのはなかなか面倒臭いものです。

濡れたまま放置するとカーテンや壁紙が濡れてカビが生えるなど、衛生的にも気になりますよね。カビは喘息やアレルギーの原因にもなるといわれています。

 

冬の住まいの悩み②廊下や脱衣所が寒くてツラい!

リビングはエアコンやストーブをつけて暖かくしていても、廊下にでた瞬間「寒い!」。日当たりが悪かったりすると「むしろ外のほうが暖かいんじゃない!?」なんてこともしばしば…。

寒いとトイレに行くのもお風呂に入るのも億劫になるので、冬は運動不足になる方も多いかと思います。お部屋ごとの温度差はヒートショックの原因になるなど、健康にも悪影響です。

 

冬の住まいの悩み③朝寒くて起きられない!

冬の朝はなかなかお布団から出られない!むしろ夏より長時間寝ているのに、なんだかいつも寝足りないような気がする方も多いかと思います。

「冬は子どもが朝グズグズするから困っちゃう!」というパパやママのお悩みも。朝は親のほうも忙しいので、スッキリと自分で機嫌よく起きてきてくれるたらいいのに…なんて思いますよね。

 

冬の住まいのお悩みを解決するのは…

寒さ、窓の結露、朝起きられない…そんな冬のお悩みを解決するのが、家の断熱性と気密性です。

壁の中に断熱材を入れたり、高性能な窓を採用したりすることで、家を「魔法瓶」のような状態に。(断熱性アップ!)
そしてすきま風が入ってこないよう、気密テープなどを使ってすきまをなるべく塞ぎます。(気密性アップ!)

これで外からの寒さが伝わりにくく、家の中の暖かさを逃がしにくくするというわけです。北向きのお部屋も快適で、家じゅうでどこでも快適にすごせますよ。温度差や湿気による結露も防げて、家も長持ちさせられます。

 

高気密高断熱の家で冬も快適に暮らす

最近は「高気密高断熱」という言葉もずいぶんメジャーになりました。しかし一口に断熱気密といっても業者によってさまざまな考え方があり、技術のレベルもまちまちです。しっかりと知識をつけて、冬も快適にすごせる住まいを叶えましょう。

suashi to kiの家づくりでは「HEAT20 G2仕様」を標準仕様にしています。簡単にいうと橿原市(6地域)だと「冬に暖房をつけていなくてもお部屋での体感温度がおおむね13℃を下回らない」というレベルです。

当社で家を建てたお客さまからは「冬でもTシャツ短パンですごせるんですよ」なんてお話も伺っています。実際の暖かさは、ぜひモデルハウスへ体感しにきてくださいね。

 

奈良の注文住宅ならsuashi to kiへ

奈良県橿原市の高気密高断熱住宅・木の家なら田ノ上工務店

オリジナル注文住宅ブランド「suashi to ki」へ

 

事務所兼モデルハウス

〒634-0803 奈良県橿原市上品寺町392-3

TEL:0744-55-2358 Mail:otoiawase@kigokoro.jp

 

営業時間

9:00〜18:00[不定休]

モデルハウス見学はご予約制となります。

モデルハウス見学予約はこちらから>>>

 

モデルハウスへのアクセス

電車でお越しの方:近鉄橿原線新ノ口駅より徒歩6分

お車でお越しの方:中和幹線「葛本町西」交差点を北へ200m

[駐車場のご案内]モデルハウス内に2台完備。

 

田ノ上工務店の施工事例

公式サイト施工事例ページ>>>

公式instagram>>>

 

田ノ上工務店の施工範囲

奈良県橿原市|香芝市|大和高田市|桜井市|大和郡山市|葛城市|

天理市|御所市|五條市|宇陀市|生駒市|奈良市|磯城郡|山辺郡|

生駒郡|北葛城郡|宇陀郡|高市郡|吉野郡

 

その他地域をご希望の場合でも、お気軽にご相談くださいませ。

recommend blog