家づくりの特徴

House

-house

田ノ上工務店の注文住宅「suashi to ki」は、家づくりとして抑えるべきスタンダードな性能や設計手法に加えて、ご家族ごとに異なる暮らしの理想を叶えるオンリーワンな家づくりです。奈良県・橿原市の自然環境と向き合いながらその地で暮らすことをいかに楽しめるか、そんな目線で設計のご提案を行います。季節を楽しめる心地よさを考えたり、季節を感じる木々を植えてみたり、触れるものは温かな無垢にしてみるなど、心豊かに暮らせる工夫をたくさん施した、そんな家づくりを一緒にしていきましょう。

Standard quality

心地よさをつくるという仕事

家づくりのはじめに考えること、それは家族にとっての”心地よさ”がどこにあるのかということ。どこにどんなデザインの家を建てるのかよりも、どんな設備を入れてどんな仕様にするのかよりも大切なことです。家族にとって心地いいと感じる暖かさや涼しさや空間や居場所、家族にとってのちょうどいい距離感、自然との心地いい触れ合い、歳の変化と共に変わっていく心地よさ、どれもが家をつくる中で欠かすことのできない心地よさの要素です。あなたにとっての心地よさはなんですか?

素足の心地よさをつくる2つの要素

3つの無垢床を暮らしに合わせて選ぶ

家の中で一番触れる機会が多いもの、それは「床の素材」です。長く住まう場所だからこそ、触れるものは肌の好みに合うものであって欲しい。そんな想いから私たちが厳選した3つの無垢材をご用意しました。あなたの暮らし方に合わせてお好みの木材をお選びいただけます。

断熱と換気を科学する

suashi to kiの家は、高断熱高気密住宅です。ただ断熱性や気密性が良いだけではなく、耐震性も向上させる断熱パネル(SW工法)の採用に合わせて、高性能サッシや第1種熱交換型換など設備、橿原市の気候風土に合わせたパッシブ設計を採用することなどが鍵になっています。

suashi to kiの特徴をより詳しく知りたい方へ

Standard quality

安心と安全を届ける住まいのスタンダード

建築士×大工

建築士目線と大工目線その両方からお客様の悩みを解決し、物選びに迷わない家づくりを。

輪になるダイニング

キッチンとダイニングは隣り合ったり、向き合ったり、家族のらしさに合わせ会話を大切にできる設計に。

整理整頓を重視

家の各部屋で暮らし方を考えた収納計画をご提案し、整理整頓がしやすい落ち着ける空間を。

最高レベルの性能

快適性や安全性をはじめとして、各種性能どれもが日本の家づくりの最高ランクに値するご提案に。

高気密高断熱のプロフェッショナル

私たちの家づくりの一番の特徴は、暮らしを豊かにすることを考えた住宅性能です。高気密高断熱住宅を基本提案として、お客様の理想に合わせた性能を実現します。だからこそ、断熱や気密の基礎はしっかりとご理解いただき、一緒に考えていきたいとも考えています。

性能だけでなくどう暮らせるか

そのために必要なのが暮らしのことを考えた設計力です。
私たちは、その中でも特に自然と向き合う家づくりを得意としていて、パッシブ設計という設計手法を採用しています。自然の力と高気密高断熱の力を利用して、快適でコスパの良い暮らしが送れる家をご提案します。

家づくりの始まりを迷わないために

これから家づくりを始めるあなたへ知って欲しいことがあります。それは家づくりはとても楽しいということです。ネットを見たら悩みや不安や失敗、または誰とつくるかの相性で、楽しいはずの家づくりが楽しくないように見えてしまうことも多々あります。まずは、家づくりを始める人に向けて知って欲しいことをまとめてみたので良ければこちらもご覧ください。