blog

これぞ令和の書斎!リビングのワークスペース活用術

家づくり全て

2022年1月12日

働き方改革でさまざまな企業にテレワークや在宅勤務がとりいれられました。コロナがきっかけで急に自宅で仕事をすることになり、苦労された方も多いのではないでしょうか。

 

常に在宅勤務であれば専用の書斎があればベストですが、個室をつくるほどでは…と悩まれる方もいらっしゃいます。そこで最近増えているのが、リビングにワークスペースをつくるケースです。

 

専用スペースで仕事の中断・再開がスムーズに!

ダイニングテーブルが「仕事」も「食事」も兼ねていると、常に散らかった状態に。「ごはんを食べよう」と作業を中断するたびに、パソコンや資料をあっちにやりこっちにやり…となかなか落ち着きませんよね。

 

リビングに仕事専用のデスクがあれば、仕事道具を置いたままで中断OK!食事が終わったら、またサッと仕事へと戻れます。

 

他の用途に転用しやすい

これから先、もし在宅勤務がなくなったとしても、リビングのワークスペースなら他の用途に使えます。

 

たとえば家族みんなが使う作業スペースにすれば、ちょっとパソコン作業をしたり、家計簿を書いたりできる場に。お子さんが幼稚園くらいになればお絵描きや工作スペースとして。小学生になれば、親御さんが見守るなかでリビング学習ができます。

 

個室書斎だと「結局あまり使わなかった…」となるのが心配ですが、リビング書斎なら無駄になることはありません。

 

造作デスクならおうちにぴったりサイズ!

リビングにワークスペースをつくる方法は、大きく2パターンあるかと思います。

 

【リビングのワークスペースのつくり方】

①リビングの端に市販のデスクや棚を置く
②デッドスペースを活かして造作デスクや棚をつくる

 

もちろん市販のデスクでもよいのですが、造作デスクなら空いたスペースにぴったりのサイズでつくれるのがメリット!お部屋の一角にちょっとしたスペースがあれば、快適なワークスペースをつくれますよ。天板の素材や色も、お部屋のインテリアとの統一感がだせます。

 

【さまざまなアイディアが叶えられます】

・リビングやキッチンの近くのデッドスペースを活用する
半個室のようにちょっと仕切って集中しやすくする
・パソコン周辺機器をたっぷりしまえる収納をつくる
・リビング横の和室に造作カウンターをつくる

 

「家で仕事や趣味に使えるスペースがほしい」「もっと快適に仕事をしたい」そんな在宅勤務のお悩みがある方も、ぜひsuashi to kiにご相談ください。ご家族のライフスタイルやご要望にあわせて、ぴったりのワークスペースをご提案いたします。

 

奈良の注文住宅ならsuashi to kiへ

奈良県橿原市の高気密高断熱住宅・木の家なら田ノ上工務店

オリジナル注文住宅ブランド「suashi to ki」へ

 

事務所兼モデルハウス

〒634-0803 奈良県橿原市上品寺町392-3

TEL:0744-55-2358 Mail:otoiawase@kigokoro.jp

 

営業時間

9:00〜18:00[不定休]

モデルハウス見学はご予約制となります。

モデルハウス見学予約はこちらから>>>

 

モデルハウスへのアクセス

電車でお越しの方:近鉄橿原線新ノ口駅より徒歩6分

お車でお越しの方:中和幹線「葛本町西」交差点を北へ200m

[駐車場のご案内]モデルハウス内に2台完備。

 

田ノ上工務店の施工事例

公式サイト施工事例ページ>>>

公式instagram>>>

 

田ノ上工務店の施工範囲

奈良県橿原市|香芝市|大和高田市|桜井市|大和郡山市|葛城市|

天理市|御所市|五條市|宇陀市|生駒市|奈良市|磯城郡|山辺郡|

生駒郡|北葛城郡|宇陀郡|高市郡|吉野郡

 

その他地域をご希望の場合でも、お気軽にご相談くださいませ。

recommend blog